育児について本気で考えた

堀江さんに対抗するわけではないけどね

子育てにシッターさんを使うのは良いことじゃないか

とかね、
共働き家庭にはシッターとか保育園とかの預ける文化は必要なんだとか
(海外からすると遅れているんだ!)

いや~、わかるわ~

って思うよ。
思うけどさ。。。。

私は自分で朝から晩まで子育てだけ(⇐ココ重要ですわ)
していたかった

娘の小さい時

共働きでないとカツカツだから仕事しながら、寂しかったけど預けていたんだよ
(☝旦那さんとお義母さんは『働かせてやっている』だったらしいが。。。)

そんな人にはどんなこと、考えられるんですか???

と、問いたくなった

もの事にはいろいろなシチュエーションがあるからね
それ、解消するのって
【ベーシックインカム】しかないんじゃないかなって思うのだけど
いかがでしょうか???

働かない人がでてくるんだよとか
そんなことないって思う。

要は指導者があればいい。
志気の高い人は世の中にいるもの

子どもが小学校卒業までは、
そこそこお仕事をしながら、
『いってらっしゃーい』『おかえり~』ってしたい人、
いやいや、私は社会とがっちりつながりたいんだ
そんな人はシッターを探せばいい。

考えやシチュエーションで各々の動きの変化に対応できる
仕組みで世の中が動くならば
いろんなことがもっと前に進むんじゃないかなぁとか
考えたりするんだよね。

安心できるベースがあれば、
人は伸びる
もちろん伸びない人もいるでしょう

でも、きっと
良い方向に変わる為には
お金(生活)に安心できるベースづくりって思う

もう、資本主義社会なんて終焉したんだからさ









この記事へのコメント