ダルがらみは家族のことをきにしているってわけじゃないと思うよ

毎度、毎度、旦那の悪口かよ!って思われるかもしれないけどさ

毎日、毎日、『かわいそうな僕』を演出するのはやめてくれないかって

思うんだよーーーーー!

確かに、私は言いました

『パパは家族を向いていない』って

あのね、ダルがらみしてくれっていう意味じゃないんだけど。。。

あなたが前職の時、
家族をみるわけではなくて、仕事をいかに怒られないように
周りから落ちこぼれないようにってことを考えて
ただ、それをしていたっていうのが分かってるんだよ。

今もそうなのを分かっている

だから、私は、
下の子が生まれても連絡しなかったでしょ?
いつもいつも、『仕事なのにそんなことしていられるか!』
運動会ですら、無理やり休みをとっているとか言っていたでしょう。
子ども生まれても、そんなことぐらいで連絡するなとか
言われそうだし、言わなかった。
そもそも、いつ生まれるんだとか、言われていたしさ

会社名公開したいくらいだよ

ブラックブラック企業だな

みんなが知っている会社ですよ

昨日、とある占いというか、
そういったものを体験した。
パパもみてもらった。
パパと私はまったく接点がない夫婦だって。
それもわかる。
それに、パパは飛び回っている方が元気になりますよって。
それもわかっている。

だから、三年前から、自分と向き合って
何をしたら、元気が出るかっていうことを
考えて欲しいって言ってきたのに。。。

事務職で、人の文句とかを聞いている仕事なんて
合うわけないよ。

私たちがパパに求めているのは
『パパがいるから安心していいんだよ』ってことだよ
何があっても守り抜くからって

どうか、お母さんに受験に失敗して灰皿を投げられたり、
学歴や肩書が人を決めるなんていう呪縛から抜けてください。
パパの優しさはよくわかっているし、
ピュアさも自然が大好きなところも私は知っている。

今、パパを見ていると、辛くて、
優しい言葉をかけたいけど、どうしてもできない。

ごめんね。

でも、わかってほしい







この記事へのコメント